メイクでも隠しきれない毛穴の開きは、保湿ケアをしっかりと行うことで改善されていきます。おすすめランキングでも人気のホットクレンジングゲルは、毛穴の中に落ち込んだ汚れをかき出し、ぱっくりと開いてしまった毛穴を自然と引き締めていくので、使い続けていくうちに肌が均一になり、明るいトーンになっていきます。クレンジングでありながらも、美肌成分がたっぷりと配合されているので、これだけでしっとりとした潤いのある健康的な素肌に蘇っていきます。

毛穴の開きクレンジング☆おすすめランキング

マナラホットクレンジングゲル

    価格(送料) 2,990円(2本以上の購入で送料無料)
    用量 200g(約2ヶ月分)
    ポイント 販売本数累計750万本突破!毛穴クレンジング売上シェアNo1。
    リニューアル後、美容成分が91.4%から94.4%にアップ。
    モデル・芸能人など愛用者も多く、ホットクレンジングのパイオニア的存在。
    ネット購入で45日間の返金保証あり。
    公式サイト https://www.manara.jp/
    マナラ

    総合評価 : ★★★★★

    公式サイトでもっと詳しく

skinvill(スキンビル)

    価格(送料) 1,886円(送料無料)
    用量 200g(約1カ月分)
    ポイント 大手モールランキング(楽天・amazon・yahoo)で三冠達成!
    さまざまな芸能人ブログで紹介され、人気急上昇中。
    定期購入で毎回20%オフ、送料無料。
    いつでも解約可能。クレンジング以外の商品も5%オフ。
    公式サイト http://skinvill.jp/

    総合評価 : ★★★★

    公式サイトでもっと詳しく

【リ・ダーマラボ】モイストゲルクレンジング

毛穴の開きには毎日のお手入れが大切!

  • つるんとした素肌はどんなメイクテクニックよりも美しさの引き上げの役に立ちます。

    メイクのノリや仕上がりも左右するので、毎日のケアが欠かせませんが、その中でも最も重要なのがクレンジングです。

    汚れやメイクが残ったままの肌はくすみや肌荒れの予備軍になるばかりか毛穴に汚れが溜まってぶつぶつ、みかん肌になってしまう可能性があります。

    白ニキビや黒ニキビと呼ばれる角栓ができてしまうと、いくらパックで除去してもそれが毛穴を開く原因にもなりかねません。毎日しっかりクレンジングしているつもりでも、実は毛穴の汚れが取り切れていないということもよくあります。

    忙しい毎日で、ついついメイクをしたまま眠ってしまうということも肌や毛穴に大ダメージを与えるので絶対に避けなければいけません。

    美しい人が最もこだわるのがクレンジングとも言われますので、毛穴の汚れをきちんと取ることを毎日の習慣にしましょう。

    そして、しっかり汚れを落としたプレーンな肌は乾燥に弱いのでしっかり保湿をしてつるん、ぷるんの素肌をめざしましょう。

    肌に優しく毛穴の汚れをきちんと取るおすすめのクレンジングで毎日のケアが変わると、肌がリセットされて毛穴も目立たなくなっていきます。

どうして毛穴が開くの?その原因は?

  • 毛穴の開きの原因はまずメイク汚れがきちんと落とせていないこと。

    顔は皮脂がほかの部分よりも多く、毛穴に汚れやメイク、ほこりなどが残っていると皮脂とまじりあって固まり、角栓ができます。角栓は最初白くてクリーム状ですが、長く毛穴にとどまっていると空気に触れている部分が酸化して黒くなります。

    これが毛穴の黒ずみの正体です。

    ここまでくると鼻の毛穴がぶつぶつと目立ってくるのでいちご鼻などと呼ばれることもあります。

    角栓は自然に除去されることはないので、毛穴パックなどで取り去ることがありますが、アフターケアを怠ると毛穴が開いたままになってしまい逆効果。収れん化粧品などを使ってしっかりと保湿することが大事です。

    鼻以外にも頬の毛穴が目立つことがあります。

    この場合毛穴の形がゆがんで垂れてしまっていることもよくあります。

    頬の毛穴の変形はニキビ跡や肌の乾燥によるたるみなどが原因となっている場合が多く、年齢を重ねるごとに目立ってくるのが特徴です。

    アンチエイジング効果のあるケア用品やクリームも効果的ですが、まずはクレンジングで肌に有効成分を浸透させやすいベースを作っておくのが近道です。

    どんなスペシャルケアも肌が清潔であることが基本になっていますので覚えておきましょう。

毛穴ケアにおすすめはW洗顔不要のクレンジング!

  • 毛穴ケアだけでなく、しっかりと洗顔することが美肌の基本ということは間違いありませんが、洗いすぎは逆に肌の乾燥を呼び、肌トラブルの原因となってしまったり皮脂の分泌を過剰にしてしまうという逆効果になるので注意しましょう。

    おすすめなのはW洗顔不要、ワンステップでクリアな素肌になれるクレンジングです。

    ホットクレンジングなら温かさがメイクをしっかりと溶かして落とし、冷たい水で洗顔すれば毛穴が閉じるのを実感できます。保湿をしっかりして次のステップへ進みましょう。

毛穴に効果的なクレンジングの種類

  • 毛穴に効果的なクレンジング方法をランキング形式でチェックしてみましょう。

    まず、良いクレンジングというのは肌に負担がかからず汚れをしっかりと落とせること。

    商品によってはプラスアルファの効果があり、種類による違いだけでは判定できない部分もありますが、一般的な方法による違いでその特徴を見てみましょう。

    最も一般的で人気があり、毛穴の汚れをしっかり落とせるのがオイルクレンジングです。

    油分の非常に多いクレンジング剤ですが、メイクや皮脂と親和性が高いので、しっかり溶かしてクリアな肌に仕上げます。

    肌もしっとりとするので汚れを落としながらもギシギシとしたツッパリがないのが人気の秘密です。

    ただし、肌の状態によっては合わないこともあり、自然由来の成分を使っていても肌荒れしてしまうことがあるので注意しましょう。

    オリーブオイルなど、酸化しにくい植物油を原料としているオイルクレンジングが人気です。次に毛穴に効果的なのがホットクレンジングです。

    ホットクレンジングは手に取ったり肌に乗せると温感を感じる特殊なジェルを使用して汚れを落とすクレンジング剤です。

    スクラブなどを配合しているものもあり、マッサージをしながら肌をケアをするのもおすすめです。皮脂やメイク汚れも温めることによって落としやすくなりますので、ゴシゴシこすらなくてもOK。

    優しくマッサージするだけなので肌への負担が少ないのが特徴です。

    次に、こっくりとしたテクスチャーで肌を包みながらクレンジングできるクレンジングバームがあります。

    バームとはクリームと同じようなものですが、容器の中ではクリーム状でも肌の上に乗せるととろりと溶けてオイル状に変化する不思議な感触がきもちいいと今人気急上昇のクレンジング剤です。

    肌に優しくて汚れがしっかりと落ちると評判もいいので、ぜひ試してみましょう。

    大女優がメイク落としの方法として宣言し、フランス流とも言われるのがミルククレンジングです。

    実際にはスキンケア用の乳液を使ってメイクを溶かして落とす方法ですが、最近ではミルククレンジングという商品もあり、クレンジングの機能をより高めたものが販売されています。

    ただ、ミルククレンジングはテクスチャーが弱いのでゴシゴシしてしまうと肌に負担が大きくなってしまいます。

    指の腹を使って力を入れないように洗うのがポイントです。最後にコットンなどを使って汚れを落とせる拭き取りクレンジングがあります。

    片手で扱えるものも販売されており忙しい女性にも時短できると評判です。

    コットンにはメイクが付くので、汚れが落ちているのを実感できると話題にもなりましたが、拭き取る方法によっては肌にダメージを与えかねないので要注意です。

    拭き取りクレンジング剤にはローション状のものからクリーム状のもの、シートにクレンジング剤をしみ込ませたものなど各種ありますが、拭き取るコットンと肌に摩擦が起きやすくなりますので、使う場合は極力力を加えないように優しく拭き取るようにしてください。

    ティッシュも手軽で使いやすく感じますが、肌には硬すぎるので必ずコットンやガーゼなどを利用しましょう。

    摩擦が起きるとシミやしわ、乾燥など多くの肌トラブルの原因になります。他のクレンジング剤でも同じですので、力を入れて汚れを落とすという考えは改めるのが鉄則です。どんなクレンジングもしっかりと落とさなければ意味がありません。

    洗顔は十分に行い、水分を拭く場合にもタオルでゴシゴシしてはいけません。

    肌に乗せるようにタオルが水分を吸い上げるのを待ち、素早く保湿をするのも重要ですので、自分なりの洗顔のステップをしっかり組み立てておきましょう。

マツエクしているけど、使えるクレンジングって?

  • いつでも長く美しいまつげを維持できるマツエク。

    できるだけ長く美しい状態を保持したいならクレンジングの方法にも気を付けた方が無難です。

    相性の悪いクレンジングは油分の多いクレンジング剤です。

    オイルがまつげにつくと抜けやすくなってしまうので注意してください。他にもクレンジング力が高いと言われるものも注意が必要です。

    目元だけは専用のクレンジングを使う、ミルククレンジングや泡で落とせるタイプのクレンジングを使うなど工夫が必要です。

    もちろんまつげを引っ張ったりしないようにタオルドライも気を付けます。

    マツエク専用のクレンジングなどもありますが、目元をゴシゴシこすらずに優しい洗浄力のものを選ぶようにするとよいでしょう。